東京都内の不動産投資の利回りの目安は?

13 9月 2018 | その他

最近は投資をしている人も増えていると思いますが、中でも不動産投資はとても人気のある投資の一つだそうです。
不動産投資をするうえで特に気になることは、そう「利回り」ですよね。
利回りには年間家賃収入を物件価格で割り算してパーセンテージした「表面利回り」と、管理費や税金なども考慮して計算した「実質利回り」があります。
大体の目安として、東京都内のワンルームで駅から徒歩10分圏内の物件の平均利回りは約4パーセント超のようです。
都内のワンルームマンションの人気エリアは港区・品川区・目黒区・大田区エリア、いわゆる「城南エリア」で期待値としての利回りは4.5パーセントが平均目安のようですね。
東京以外では同じ条件のワンルームでも5パーセントの利回りになるようですが、これは物件の価格が都内よりも安いため利回りが大きくなっている計算になるそうです。
いずれにしても投資不動産は物件選びが最重要項目となりますので、安易な物件購入はなるべく避けて、業者や金融機関、コンサルタントなどの専門家に相談してからの方が安全でしょう。


Comments are closed.